口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係

口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係

スポンサーリンク

 

発熱症状のともなう口唇ヘルペスでは、ごくまれにリンパの腫れなどが見られる場合があります。
おもな原因としてはヘルペス内にとどまっていたウィルスがリンパ節にまで拡散することで、腫れがさらに進行すると倦怠感やのどの痛みなどが併発する恐れがあります。
口唇ヘルペスにともなうリンパ腫れとその他の症状との関係についてもまとめました。

 

 

【口唇ヘルペスでなぜリンパ腫れが起こる?対処法と医学的な因果関係】

 

 

口唇ヘルペスでは唇の外側を中心に水ぶくれができます。
水ぶくれの内部に溜まったウィルスをふくむ膿が体内に侵入するとウィルスまでもが体内に拡散され、さまざまな周辺症状を引き起こします。
ウィルスがリンパ節にまで入り込むとリンパ腫れが起き、さらに進行すると発熱や息苦しさなど風邪にも似た症状を併発します。
口唇ヘルペスの治療において肝要なのはウィルスを患部以外の箇所にまで拡散させないことであり、そのためにはヘルペスそのものを水ぶくれのうちにきちんとおさえこんでおくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【気になるリンパ腫れ!口唇ヘルペス以外の症状と原因は?】

 

 

リンパ腫れ症状の原因は口唇ヘルペスだけではなく、風邪なども関係している可能性があります。
あるいは、体内を循環するリンパ液の停滞が原因となる場合もあり、その部分の血流が圧迫されるため、頭痛や関節痛などと関係してくることもあります。
リンパの流れが詰まっていることが原因として大きく関係しており、寒い季節ではとくにこりがひどく感じられます。
風邪、頭痛、関節痛などの症状であれば多くの場合数日で解決されますが、ホルモン異常などが深く原因として関係している病気、たとえば膠原病などでは恒常的なリンパ腫れが観察されます。
もっとも注意すべきリンパ腫れ症状は悪性リンパ腫です。
これは血液のがんとも呼ばれ、いったん発症すると転移の速度が速いために治療が非常に困難であることが知られています。
初期症状には発熱、全身の倦怠感などがありますが、頭痛や関節痛が関係していることがあるため、日常的に軽いサインに注意を払う必要があります。

 

 

口唇ヘルペスによるリンパ腫れの原因は内包されるウィルスがリンパ節にまで拡散し、炎症を起こすことです。
リンパ腫れの原因はヘルペスだけではなく、ごく軽度の風邪や膠原病などでも引き起こされ、ごくまれにがんなどの重篤な病気が関係している場合もあります。
日常のわずかなサインにもあらゆる病気との関係性を疑い、軽いうちにきちんと対処しましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用
口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?
ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間
口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?