口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?

口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?

スポンサーリンク

 

持続性の痛みが悩ましい口唇ヘルペス。
きれいに治療したように見えても、ウイルスが水疱の中で成長している可能性があるため安易に治ったサインだと判断するのは危険です。
どのような状態になれば口唇ヘルペスがうつらない状態だと判断できるのか。
ヘルペスのできるメカニズムから治ったサインを解説します。

 

 

【どのような状態が治ったサイン?うつらないようにするには?】

 

 

口唇ヘルペスではまずその初期段階において、患部の皮膚にピリピリ、チクチクとした感覚を覚え、その状態を数日間放置するとその部分の皮膚が水疱を形成し、ウイルスを含む膿が内部に蓄積して痛みをともなうことになります。
ほとんどの場合、この段階でヘルペスとして認識され、医療機関を受診することになりますが、他人にうつらないと判断できるようになるまでの期間はその人の体質によって異なり、治ったサインも一概には言えません。
ただし、水疱が完全に皮膚に吸収され、唇の腫れが目立たなくなればウィルスが無毒化されて治ったサインであり、他者にもうつらない状態であると判断することができます。
その状態に至るまでの期間は治療がスムーズに進行した場合で約2週間であり、初期段階で適切な治療が行われれば治療期間がさらに短縮される可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

【治ったサインが出るまで気をつけたい!家庭内での二次感染】

 

 

口唇ヘルペスは日常生活にも大きな影響を与える深刻な病気でありますが、保菌者である以上は二次感染のリスクにも注意を払わなければなりません。
ヘルペスの二次感染が起こる一般的なパターンとしてはいわゆる家庭内感染が挙げられており、日常の何気ない皮膚接触からウイルスが感染してうつらないともかぎりません。
口唇ヘルペスではとくに水疱が形成される過程がもっとも感染力の高い状態とされており、この状態の患部に素手でふれてしまうとほぼ確実にウィルスが広がってしまいます。
とりわけ抵抗力の弱い子どもやお年寄りへの口唇ヘルペスの二次感染は非常に危険なため、たとえ治ったサインが一時的に見られていたとしても水疱が完全に吸収されるまでは他者にうつらないようにしておきましょう。

 

 

一般的には、水ぶくれの吸収が口唇ヘルペスの治ったサインだと言われています。
この段階になると他者にもうつらない状態になり、唇以外への二次感染のリスクもほぼゼロになっていると判断することができます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用
口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間
口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?