ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説

ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説

スポンサーリンク

 

ヘルペスと口角炎はどちらも唇にできることの多い皮膚疾患であり、違いがよく分からないままケアを行っている人も多いかと思います。
ヘルペスと口角炎は症状としては非常によく似ている疾患でありながらも医学的には違いのはっきりしている疾患であり、見分け方さえきちんとおさえておけば混同することもまずありません。
両者の違いと簡単な見分け方についてまとめました。

 

 

【ヘルペスの特徴と口角炎との違い】

 

 

ヘルペスはウィルス感染によって起こる感染症であり、発症後数日で患部に水ぶくれが形成されるのがおもな特徴です。
一方の口角炎は細菌感染によって引き起こされる疾患であり、「細菌性口唇炎」ともよばれています。
口角炎の場合、唇に痛みをともなう亀裂が生じるのが特徴であり、水ぶくれの集合体が形成されるヘルペスとはこの点で大きな違いがあります。
以上のことから、水ぶくれがあればヘルペス、亀裂があるなら口角炎、という見分け方が成立します。
正しい見分け方をおさえて、症状に合わせたケアを行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

【気になる予防法は?】

 

 

ヘルペスと口角炎、両者の違いと見分け方が把握できたところで、つづいて予防法について見ていきましょう。
いずれも広い意味では感染性の皮膚疾患であり、予防法にも大きな違いはありません。
基本的に規則正しい生活習慣が予防には大切であるとされており、反対に過労やストレスなどで免疫力が低下しているときには発症のリスクが著しく高まると言われています。
ヘルペスをみじかいサイクルで繰り返し発症する場合はまず、生活習慣から見直してみましょう。

 

 

ヘルペスと口角炎はともに感染性の皮膚疾患でありながら、ウィルス性か細菌性かという根本的な違いと見分け方あります。
症状としても水ぶくれができるものとできないものに分かれ、見分け方としてはこの1点さえきちんとおさえておけば問題ありません。
予防には毎日の規則正しい生活習慣が肝心で、体内の免疫力をつねに一定に保ちウィルスや細菌をおさえこむことがポイントとなります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用
口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間
口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?