口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間

口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間

スポンサーリンク

 

ウィルス性の感染症として知られる口唇ヘルペス。
感染症ということで当然、うつることを前提とした対策が肝要ですが、具体的にはどのくらいの確率でうつる危険があるのでしょうか。
また、うつる確率がもっとも高まる期間はどのくらいなのでしょう。
口唇ヘルペスの治療期間についてもまとめました。

 

 

【治療期間中、二次感染の確率がもっとも高いのは?】

 

 

口唇ヘルペスが他人にうつる典型的なパターンは、いわゆる家庭内感染です。
保菌者と直接接触していなくても、子どもが使った絆創膏やマスクを保護者が素手でふれただけでもうつる原因となります。
とくに、水ぶくれが形成される時期は口唇ヘルペスがうつる確率がもっとも高まりますので、その期間中の皮膚接触には充分に注意してください。
口唇ヘルペスから出る膿には絶対に素手でふれないようにし、自分にうつることはもちろん、第三者にうつすことにも注意する必要があります。
口唇ヘルペスの治療期間としては約2週間が必要ですが、それまで二次感染を起こさないよう注意しなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

【口唇ヘルペスの感染確率を下げるために必要な予防処置は?】

 

 

ヘルペスと症状の似ている病気として細菌性口唇炎が挙げられます。
いずれも広義には感染性の皮膚疾患であり、一見したところ大きな差はありません。
基本的にはライフスタイルの改善が予防に重要であると考えられており、過労やストレスにより免疫が低下すると、発症リスクはもちろん、第三者にうつる確率が有意に増加すると言われています。
ヘルペスおよび細菌性口唇炎はいずれも感染性皮膚疾患でありますが、ウィルス性と細菌性という根本的な差異があります。
いずれにしても濃厚な皮膚接触などによってうつる確率が高まるため、治療期間においては充分に注意する必要があります。

 

 

口唇ヘルペスの二次感染は主として、水ぶくれが形成される期間が要注意とされています。
その期間は体質によってばらつきがありますが、患部を清潔に保ち、第三者との濃厚接触を最小限にとどめることで感染リスクを除外することができます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用
口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?
ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?