口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法

口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法

スポンサーリンク

 

口唇ヘルペスがある程度進行するとかさぶたがとれてそこから出血することがあります。
誤った対処方法をつづけるとウィルスが他の場所にも広がり、完治までの期間をより長くしてしまいます。
口唇ヘルペスのかさぶたから血が出た場合の正しい対処方法についてまとめました。

 

 

【口唇ヘルペスのかさぶたの出血にはどう対処するのが良いのか】

 

 

口唇ヘルペスは二次感染のリスクが非常に高い病気であり、症状自体を最小限に抑えると同時に感染の拡散を最小限にすることが治療の大きな目的となります。
治療の過程でできるかさぶたは免疫によって殺された大量のウィルスを含み、治りかけの時期にはまれに大量の出血が見られる場合があります。
血液中にもヘルペスウィルスがふくまれるため、他の皮膚に付着した場合にはその部分から生き残ったウイルスが侵入し、ヘルペスの再発につながることがあります。
このような二次感染を防ぐために、はがれたかさぶたは血液とともに毎回きれいな水で洗い流し、薬をあらためて塗り直すようにしてください。
出血には痛みがともないますが、それはウィルスそのものによる痛みではないので、正しい方法で冷静に対処し、早期の治癒をめざしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【予防方法も重要!ヘルペスのかさぶたによる出血のおもな原因】

 

 

口唇ヘルペスは比較的ポピュラーな病気であり、慎重に対処すれば\予防することができる疾患です。
実際には、多くの人が通常、体内にヘルペスウィルスを持っています。
何らかの理由で免疫系が正常に機能しなくなるとウィルスが次第に活性化され、口唇ヘルペスというかたちで表れます。
発症のタイミングは体調や体質に左右されますが、いったんウィルスに感染したら一生涯完治することはできません。
ただしその代わりに、体内の免疫システムを絶えず維持し、ヘルペスウィルスを無毒化するという方法で対処することが可能です。

 

 

口唇ヘルペスのかさぶたがはがれて突然の出血が起こるとが慣れないうちはパニックになってしまいますが、病気のメカニズムを把握して適切な方法で対処すれば症状の悪化をふせぐことができ、二次感染のリスクをコントロールする方法も確立されています。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用
口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?
ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?