白色 ワセリン 口内炎

白色ワセリンで口内炎を改善することが出来る??

スポンサーリンク

白色ワセリンが身体の色々な所に使えると評判ですが、口内炎にも効果を感じた人がいます。
元々医療用として傷口の保湿に努め、傷口に跡ができないようにするなどの効果を体験した人が多数いますが、傷口本来の治癒力を高める効果が期待できる成分です。
口角炎には高い効果を実感した人が少なくありませんが、口内炎に使用して問題ないのかと考える人もたくさんいます。

 

実は授乳中の女性が使用しても全く問題ないほど無害です。
やり方としてはとても簡単な方法といえます。
塩水でうがいをして消毒をしてから、患部に白色ワセリンを塗る方法です。
傷口に雑菌が入るのを防いでくれるだけでなく、自然治癒力を高めてくれるといいます。

 

薬局で数百円程度で購入できますので、ぜひ試してください。
余ったものはハンドクリーム代わりに使用できますし、スキンケアを行うためにも最適です。
毎日気づいた時に塩水でのうがいと、患部に塗ることを忘れないことで、徐々に回復してくるといいます。

スポンサーリンク

なお、歯磨きを済ませてから塩水などで仕上げにうがいして、更に白色ワセリンを口内炎に塗ることで、早く治りやすいと体験談で評判です。
実際に試した人はうがいをしてから塗ることで、早く治ったと喜んでいます。

 

早く治す方法は口中の衛生環境を向上させる事、定期的にワセリンを塗ってそれ以上は触らない事、更にビタミンBを積極的に取り入れることで、治りやすくなると考える人も少なくありません。
サプリメントを使うと簡単に取れますので、体調で問題なければ利用してください。

 

ただし、妊娠中や授乳中の場合には、お子さんへの影響が懸念されるため、できるだけ食物から取ることが肝心です。
栄養士に相談してメニューを考えてもらい、食生活を変えることも重要といえます。
何度治療しても再発する場合や、定期的にできてしまう場合、他の病気が原因のこともあり得るため、医療機関で相談してください。
できたら人間ドックなどを受けて症状を確認することも考えると、早く病気を見つけられます。

スポンサーリンク