口内炎 痛み 鎮痛剤

口内炎の痛みに鎮痛剤を利用する場合の注意点

スポンサーリンク

口内炎は口の中の傷や、体調不良などが要因となって発生するもので、程度の差はあれ多くの人が経験している症状です。
症状には軽いものから重いものまであり、軽症であればそれほど痛みは無く少し腫れる程度ですが、重症化すると皮膚がただれて強い痛みや高熱などが伴います。
そうなると日常生活にも多少なり支障が出ますし、それが原因で精神的なダメージを負う場合もあります。
とはいえ基本的な口内炎であれば特別な治療はしなくても、放っておけば1,2週間程度で自然に治ります。
ただ自然治癒という事は、治るまでの間は痛みに耐えなければならないため、症状が重い場合にはつらいものです。
口内炎を早く治したいと思うのは当然ですが、実際のところ急激に症状を良くする確実な方法というのはありません。
民間療法的なものが色々と紹介されているのですが、場合によっては悪化する可能性もあるので注意しましょう。
痛みに関しては鎮痛剤を利用して軽減させることができますので、余計なことはしないようにして様子を見ましょう。

スポンサーリンク

口内炎を劇的に治すことは難しいですが、治りを早くすることは可能です。
その方法とは口の中を清潔にすることです。
単純なことですが、そもそも口内炎は口の中の細菌などが傷口に侵入して炎症を起こすことが大きな原因ですから、口の中が不衛生だと炎症がどんどん広がって悪化する可能性があります。
つまり口の中を清潔にすれば、少なくともそれ以上症状を悪化させるリスクを低下させることが出来るのです。
定期的に歯みがきやうがいをおこない、清潔に保ちましょう。
ただ歯みがきをする場合には、患部にあたってしまうと傷が広がる事もあるので慎重に行います。
また体調不良が原因となっている場合には、体調面を整える事も同時に行います。
ビタミン類の不足や過度なストレスまたは風邪などが原因となりますので、栄養バランスを考慮したりストレスを発散することを心がけましょう。
そしてこれらの対策と同時に鎮痛剤を利用すれば、普段の生活の支障になることは少なくなります。
鎮痛剤で痛みを抑えつつ、口の中を清潔にして、さらに生活習慣を改善して体の治癒力を高めるというのが口内炎を早く治す効果的な方法です。

スポンサーリンク