口内炎 えぐれてる 対処

えぐれてる口内炎が出来てしまった場合の対処法

スポンサーリンク

口内炎は誰にでもなる可能性がある症状ですし、基本的には自然に治るものなので軽く見られがちですが、痛みがひどいと食事や会話が億劫になり、精神的にもつらいものです。
口内炎の中には赤く腫れただけの事もあれば、白っぽく患部がえぐれてる事もあります。
このえぐれてるものを、アフタ性口内炎と言います。
アフタというのは直径が5〜6ミリ以下の潰瘍のことで、患部がただれて陥没してえぐれてるところに、たんぱく質による膜が張ることで白っぽくくぼんで見えます。
食事の際に口の中を誤って噛むなどしてできた傷に、細菌などが侵入することで発生することもあれば、体調不良が引き金となって発生する場合もあります。
通常は1週間から2週間程度で自然に治りますが、外傷ではなく体調不良が原因となっている場合には治ってもまたすぐにできてしまうなど、頻繁に発生する可能性もあります。
まずはどういった原因で口内炎が発生してしまったのかを突き止めることが、対処の第一歩となります。

スポンサーリンク

体調不良という意味では風邪などで抵抗力が落ちている場合や栄養の偏り、さらには過度なストレスなどがアフタ性をはじめとした口内炎の原因となります。
風邪であれば体調が戻れば抵抗力も復活しますが、栄養の偏りなどは意識して食事のバランスなどを考えて取るようにしましょう。
ストレスはなるべく減らし、それが出来ないならストレスを適度に発散するようにするのも大事です。
いずれにせよ生活習慣の改善が、口内炎の対処につながります。
また口腔内は普段から清潔ににするのも、大切です。
特に外傷性の場合には細菌が患部に侵入することが原因となりますので、口腔内を清潔にすれば炎症の広がりを抑えられますし、余計な細菌が侵入して症状が悪化するのも防げます。
また呼ぼうという意味でも、口腔内を清潔にしておくのは効果的な対処法です。
また口内炎があるうちは、刺激物などは食べないようにしましょう。
患部を刺激することで炎症が起き、治りが遅くなる可能性もあります。
同様の理由から歯ブラシなども患部に直接触れないように注意しましょう。

スポンサーリンク