口内炎 たくさん 急に 病気

急にたくさんの口内炎ができるときは病気の可能性も?

スポンサーリンク

できるととても痛い口内炎は抵抗力が落ちている疲れているときや風邪気味の時などにできやすく急にたくさんの数ができることもあります。
風邪などの症状がない時で鼻呼吸ではなく口呼吸をしていると口内が乾燥して細菌が増えやすい状態になったり口の中を不衛生にしているときもたくさんできやすくなります。
一度できてしまうと治るまでには一週間程度かかるのでその間は食事や歯磨きなどが患部に当たると痛むので辛い状態が続きます。
口内炎がたくさんできないためにも普段から口の中を衛生的に保ち乾燥しないように鼻呼吸をするようにすることで予防することができます。
しかしあまりにたくさんの口内炎が急にできる場合には感染症の病気にかかっている場合もあるので発熱や咳、喉が痛いなどのほかの症状を発症していないかを確認してみましょう。
特に熱が出る、口内炎が水膨れのような状態になっているときは病気の可能性が高いので早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

感染症などの病気にかかっているときは急にたくさんの口内炎ができることも多く、大人だけでなく子供が発症することも多いので身体にどんな症状が出ているのか確認することが大切です。
感染症にかかっているときは病院で治療薬を処方してもらい病気を早く治すことで口内炎の症状も悪化せずに治りも早くなります。
できてしまったら刺激を与えず痛みが強いのでとにかく早く治すようにしましょう。
病院で相談して薬を出してもらったり寝不足などにならないようにして体調を整えることも大切です。
また、ビタミンが不足すると口内炎はできやすくなると言われているので特にビタミンB2、B6、C、Aなどが効果が高いとされているので早く治すためだけでなく予防のためにもできるだけ毎日の食事で摂取するようにしましょう。
ビタミンを積極的にとっていくとともに口の中を清潔に保つことはもちろん食後は早めに歯を磨く、口の中が乾いているときは水をよく飲み口内が乾燥しないように水分を補給するなど、予防していくことも大切です。

スポンサーリンク