口内炎 たくさん 大量 原因

大量の口内炎が口の中にたくさんできる原因とは!?

スポンサーリンク

口の中にできる口内炎は痛みが強く食事をしたり歯を磨くにも支障をきたします。
寝不足や疲れ、ストレスなどからできることも多いですが口の中を不衛生にしている事で細菌が増えたり口呼吸をすることで口の中が乾いて細菌が増えやすくなることも口内炎がたくさん、大量にできる原因になります。
また、偏った食事やビタミン不足も原因になるのでしっかりと栄養を取ることも大切です。
特にビタミンB2やB6が不足することが大きな原因といわれているのでできるだけ毎日の食事で取り入れていくことがお勧めです。
しかし短期間の間に大量に口内炎ができてしまう時や便秘や発熱、水ぶくれのようになっている時などほかの症状も発症している時は感染症にかかっている可能性もあるのでできるだけは早く病院で相談して治療をすることがお勧めです。
また、感染症にかかっている場合は病院で適切な処置と治療薬を処方してもらうことで症状を抑え早めに完治できるので違和感を感じたときには早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

口内炎が大量に口の中にできるときは身体の免疫力が落ちているときです。
寝不足や疲れをためすぎないようにして体力を回復させましょう。
栄養の偏った食事も口内炎の大敵になるのでビタミンもしっかりととれる食事を心がけましょう。
特に予防効果のある鉄分が豊富なレバーやひじき、亜鉛が含まれる牡蠣や松の実なども予防には効果的なので積極的に食事に取り入れていきましょう。
食事を気を付ける事と同時に口の中が乾かないように気を付けることも大切です。
食事の後は早めに歯を磨いて細菌を残さないようにする、ハミガキができなくても口をゆすぐ、口中の乾燥を防ぐために口呼吸ではなく鼻呼吸をする、口の中が乾燥しているときは水を飲み口内を潤すようにする、これらのことを気を付けて生活するだけでもたくさんの口内炎が急にできることを防ぐことができます。
大きな原因ともいえる口の中の乾燥や細菌の繁殖を防ぐことが口内炎が急激にたくさんできることの予防にもつながるので毎日の生活の中でも気を付けていきましょう。

スポンサーリンク