口内炎 焼く 硝酸銀 治療

口内炎を硝酸銀で焼く治療法のリスクと現代の治し方

スポンサーリンク

口内炎はそれぞれ症状によって治療方法は異なります。
腫瘍性の場合は硝酸銀で焼くことが多いといいますが、口の中の痛みが残るデメリットを挙げる人が少なくありません。
硝酸銀で焼くことにより、消毒効果が強く、回復しやすいといわれているため治療方法としておすすめされていました。
しかし、現在ではあまりこの方法は使用されていません。
理由としては痛みのリスクだけでなく、歯が変色してしまうリスクが少なくないからです。
小さいお子さんが口内炎にかかった時には医療機関に相談してください。
また、治療後に塩水でうがいをし、毒性を洗い流す必要もあります。
ただし、大人の場合には抵抗力があり、多少の毒性に対抗できるといわれているため、まれに医師があえて行うこともありますが、最近ではレーザー治療が主流です。
治療の際に薬品を使うよりも衛生的でアフターケアもしっかりしています。
治す際に衛生面を考えて薬品でなく、レーザーが使われるようになりました。

スポンサーリンク

最近では歯科医院でほとんど診てくれていますが、耳鼻科や内科でも要望があれば診察してくれます。
その際に、口内炎を焼くやり方としてレーザーを用意していることが多いのは歯科医院です。
長年患者を診たからこそ、歯への影響や衛生面を考えて硝酸銀を使用しないようになりました。
一部の耳鼻咽喉科や内科では、まれに硝酸銀を使う場合もあるといいます。
使用されたからといってもあわてる必要はありません。
対処方法として塩水うがい、薬品の付いた部分を飲み込まないように注意することで、体内への影響やのどの炎症が発生するリスクを回避できます。
治す第一の方法としてはレーザーがメインですが、最近では塗り薬やパッチを当てて治す方法もありますので、納得できる方法を事前に医師と相談して選んでください。
安全性が高く、しっかり治す方法を実感することこそ重要なポイントです。
リスクの少ない治し方を行うことで痛みから解放され、快適に過ごせるようになります。

スポンサーリンク