口内炎 膿が出る 原因

口内炎で膿が出る原因とは!?

スポンサーリンク

口内炎になると辛いものなどを食べるとしみて痛みを感じて、おいしく食事をすることができなくなります。
口内炎になると口の中の皮膚や唇そして舌に穴が開いたようになって皮膚が剥きだしとなり、刺激の強い食べ物などがしみることになります。
場合によっては口内炎には白い膿が出ることがあり、この原因はばい菌と白血球が闘っているまたは闘って死んだ白血球が残っているためです。
これがかさぶたのような役割をして食べ物によってしみることを防いでくれることもあるので、無理に拭き取ったりする必要はありません。
食べ物や飲み物と一緒に体内に入ることもありますが、心配する必要はありません。
口内炎を治療するには、薬を塗ったりすることは必要なく放っておいても自然と治ります。
但し食事をした時に痛みが我慢できない場合には薬を塗って治療を早めてやることも必要となります。
ドラッグストアで販売されている市販薬であっても十分効果を期待できます。

スポンサーリンク

膿が出る原因は、ばい菌に対して体内に侵入することを防いでいるためなので心配する必要はありません。
しかしこの膿みがいつまでたっても出てきて、治らない場合には他の病気の原因があることも疑わなければなりません。
口内炎ができる原因は胃など体の中で異変が発生し、結果として口の中にできるものなので、普段の生活の中で食生活が荒れていたり仕事や人間関係で過度にストレスを感じた場合が原因となります。
しかしこれらの心当たりがない場合には、他の原因で体の中に異変が起こっていて口の中に膿が出る症状として表れていることになります。
2週間たっても症状が出続けている場合には病院で診てもらう必要があります。
口内炎だけの治療であれば飲み薬や塗り薬だけですぐに治りますが、他の病気になっている場合には症状が長く続きます。
また他の病気で治療しており薬を服用している時にも胃があれて口内炎がでることもあります。
その場合には胃薬も併用することも必要です。

スポンサーリンク