歯茎 口内炎 歯が痛い

歯茎に口内炎ができると歯が痛いことがある!?

スポンサーリンク

口内炎を経験した人は多いのではないでしょうか。
口の中に小さなできものができシミて痛い思いをします。
口の中の至る所にできる口内炎ですが、歯茎にできるととても痛いです。
また歯が痛い時もありできる場所としても嫌な場所と言っても良いでしょう。
口内炎ができる原因は、体の不調があるサインとも言われています。
また、口の中を清潔に保っていないことが原因の場合もあります。
疲れがたまっていたり、胃の調子が悪かったり、暴飲暴食が原因のことが多いようです。
病気を撃退する免疫力が低下している時にできやすいとも考えられます。
歯茎にできた口内炎も体の不調が改善すると治ります。
また、歯が痛い症状も緩和してきます。
口内炎ができたらとても痛く、食事も美味しく感じなかったりしゃべることも億劫に感じることがあります。
できないように予防することが良いでしょう。
できたら治療をしましょう。
歯茎にできたものもその他の口の中にできたものも数日でなくなり、痛みも無くなります。

スポンサーリンク

治療方法としては、塗り薬かパッチシールのような薬があります。
病院に行きにくかったり忙しい人は、市販されていますので使用してみることも良いでしょう。
予防としては、栄養バランスの良い食事、運動、睡眠などの生活習慣の見直し、口の中を清潔に保つことが重要です。
肉ばかり偏った食事や刺激の強い食事は避ける、ビタミンを多くとる、歯磨きやうがいを頻繁にして清潔さを保つ、適度な運動をして代謝を良くする、血流を良くして病気を防ぐ、ストレスを溜めないなどの予防ができます。
注意としては、口の中を傷つける癖がある人は注意が必要です。
口の中の傷から菌が入ることで炎症が起きます。
舌にできることがありますが舌癌のこともありますので舌にできて中々治らない場合には病院へ行きましょう。
口内炎ですと数日で治ります。
舌癌の場合は、3週間以上続きますので目安にできます。
ひどく歯が痛い時にも病院へ行きましょう、菌が歯まで行っている場合もあります。
口内炎は完治します。

スポンサーリンク