口内炎 うがい薬 直接 塗る

口内炎にうがい薬の原液を直接塗るのは効果がある!?

スポンサーリンク

口内炎が出来るとせっかくの食事が傷みで楽しめなかったりして、取り立てて騒ぐほどでは無いけれども、地味につらいものです。
口内炎の原因には様々なものがありますが、大きく分けると外傷によるものと体調面の不調によるものの二つがあります。
外傷によるものは早い話が、口の中に何らかの要因で傷が出来てしまって、そこにばい菌などが繁殖することで炎症を起こしてしまうのが原因です。
体調不良としては、風邪などによって体の抵抗力が落ちている場合や、栄養が偏ってビタミン類などが不足している場合に発生します。
また過度なストレスも原因となります。
体調不良による口内炎の場合には、まずは生活習慣を見直すことが重要です。
バランスのいい食事をとり、ストレスを抱え込みがちなら適度に息抜きをするなどを心がけましょう。
外傷性のものに関していえば、できてしまったものは放っておけば一週間程度で治るので、特に気にならないならそのままにしておいて大丈夫です。
ただ痛みがひどいようであれば痛み止めを飲むなどして対処しましょう。

スポンサーリンク

口内炎を早く治そうと様々な民間療法を試す人も大勢います。
様々な方法があるのですが、その一つにうがい薬の原液を直接患部に塗るという方法も紹介されています。
うがい薬は殺菌作用があり口内炎はばい菌によって炎症が起きるのが原因の一つですから、うがい薬を患部に直接塗ることで患部を殺菌すれば治りが早くなる、というのは一見すると正しい方法に思えます。
では実際のところはどうかと言えば、うがい薬でうがいをする事は口内炎の対策として有効と言えますが、直接患部に塗るというのは決して有効とは言えません。
口の中を殺菌して清潔にするというのは良いのですが、患部だけ殺菌しても口の中全体にばい菌がいる以上不十分です。
そもそも殺菌する目的で言えば直接患部に塗らなくても、通常通りにうがい薬を水で薄めてうがいすれば十分です。
さらにうがい薬の原液を患部に塗ると、刺激が強すぎて周囲が荒れてしまう危険もあります。
せっかく口内炎を治そうと働いている細胞までダメージを与える恐れもあるので、原液を直接塗るのは避けたほうが無難です。

スポンサーリンク