口内炎 頭痛薬 原因

口内炎は頭痛薬が原因になる?

スポンサーリンク

口内炎は本当に辛い症状です。
口の中にできるので、その辛さがあまり人には解ってもらえないのも辛いところです。
まれに口内炎の原因が頭痛薬だと言われる方もおられますが、そもそも頭痛が起きるのはビタミンBの不足が原因していますので、同じくビタミンBの不足によって起こると考えられている口内炎と合致するところなのです。
ビタミンBの不足によって体中が悲鳴をあげていると言ったところでしょうか。
頭痛薬は胃を荒らすことも多いので、頭痛のために頭痛薬を乱用していると胃腸が荒れてしまうのは必至ですし、口内炎を治そうとビタミン剤を飲んだところで胃が荒れていると上手く消化吸収してくれないのでビタミン剤が全く効かないことも多いのです。
口内炎に一度なってしまうと、完治までかなり時間がかかりますし痛い思いもしないといけませんので、口内炎にはならないように普段からビタミンを多く含んだ緑黄色野菜や豚肉やレバーを食事に取り入れてビタミン不足を事前に防ぎましょう。

スポンサーリンク

口内炎の原因としてビタミン不足があげられますが、ビタミン剤でなく栄養ドリンクでビタミンを補給する方法もあります。
この場合は胃にも優しく、その上吸収も早いので比較的早く痛みから解放されますのでお奨めです。
栄養ドリンクの中にはビタミン豊富だとうたっていてもビタミンBは少なめな場合もありますので、必ず裏面を確認しビタミンB含有量が多いことを確認してから購入して下さい。
眼精疲労や肩こりなどの症状用に販売されている栄養ドリンク剤であればビタミンB含有量が多いことが多いので参考にされてみて下さい。
痛みが出始めたらすぐに内科や皮膚科を受診されることが大事ですが、どうしても病院に行けない時の応急処置としては専用の塗り薬も市販されていますのでドラッグストアなどで探してみてください。
その他にも口周りの病気として口唇ヘルペスなどもありますので、痒みがあるかないかで区別がつきますので判断を誤らないように注意して下さいね。

スポンサーリンク