口内炎 病気 前兆

口内炎は重大な病気の前兆!?

スポンサーリンク

通常口内炎は1〜2週間で治るものですが、2週間たっても治らない場合には重大な病気の前兆の可能性があります。
子供の場合であれば手足口病の前兆の可能性があります。
手足口病とは口内炎がたくさんできて痛みで食事にも支障をきたすこともあり、また水ぶくれのような湿疹が全身にできます。
また麻疹の前兆としても口内炎ができます。
頭痛や腹痛そして発熱も合わせて症状として出ている場合には麻疹の前兆の可能性があるため、この時期に治療をスタートすることにより症状の軽い段階でとめることができます。
特に子供の病気では免疫力や抵抗力があまり強くないため重病を初期段階で治療開始するためのシグナルとして口内炎は確認できます。
口腔がんは口内炎と非常によく似た症状がでます。
頬の内側の歯とあたる部分や舌の下側にできて痛みを感じることがありそのうちに次第に膨らんでくる場合には口腔がんの病気となります。
そのため口内炎と思っていると重病であったということになります。

スポンサーリンク

口内炎ができる原因は非常に様々で普段の生活のリズムが崩れることによりできる傾向があります。
毎日仕事が遅くて寝る時間も短かったり食生活が乱れたりそして仕事や人間関係のストレスでもできます。
そのためまずは普段の生活習慣を見直すことが治療と予防の第一歩となります。
また食生活の中でもビタミン不足も要因の1つであるためフルーツを摂取することを心掛けると良いです。
食事をする時に痛くてどうしても我慢できない痛みに対しては薬を使用することをお勧めします。
病院に行かなくてもドラッグストアなどで市販の塗薬や飲み薬が販売されているので容易に入手することができます。
寝る前に患部に塗っておけば翌朝には痛みを感じることのない程度まで回復が見込めます。
薬を塗っても治らない場合には病院で医師に診察してもらい、他の病気の疑いが無いのかどうか検査してもらうことが必要です。
不規則な生活が続くと連続してできてしまうので、注意が必要です。

スポンサーリンク