口内炎 白い線 理由 治療

口内炎で白い線ができる理由と治療法

スポンサーリンク

口内炎のせいで、口の中に白い線ができたという経験を持つ人は少なくありません。
これはアフタ性と呼ばれているもので、口内炎の中でも一番なじみのあるものなのです。
これの発症理由としては、食事中に口や唇を噛んでしまい、そこから雑菌が入った、というのが考えられます。
疲れていて身体の動きが鈍っているとき、多忙を理由に急ぎすぎたときなどに起きやすいと言われています。
この場合は、白い線が口の中で目立つようになっても、さほど気にする必要張りません。
きちんと休むようにすれば疲労は回復しますし、ゆっくりよく噛むようにすれば、同様の問題は起きなくなるからです。
特別な治療を施す必要もありません。
このタイプならば、放置していても一週間か二週間で完治してしまいます。
どうしても早めに治療したいという人は、医師からステロイド剤を処方してもらうようにしましょう。
これを患部に塗るようにすれば、程なくして治ります。
あまり気にしないことが肝要です。

スポンサーリンク

口内炎で口の中に白い線ができる理由としては、ストレスもあります。
人体は精神から受ける影響が大きく、日常生活の中でストレスをため込んでいると、思わぬ形で破綻を来すこともあるのです。
この場合は、ストレスを軽減するすべを見つけるようにしましょう。
ただ耐えるばかりでは意味がありません。
気を紛らわせられるものを見つけることが、治療の第一歩となります。
ビタミンの不足が原因というケースもあります。
これは食生活の偏りのせいで、胃腸の病気を引き起こすこともあるので、早急にその内容を改善する必要があります。
なお、このときは刺激物の摂取は極力控えるようにしましょう。
患部にそれが当たるだけで、強い痛みを感じることになるからです。
このため、患部の近くを通過する際、刺激を加えることのない食品を取るというのも大切です。
ゼリー状のものやおかゆなど、栄養のバランスを取れそうなものを選ぶようにしましょう。
口内炎は見た目以上につらさを感じさせるものなので、それになったらなるべく早く治すようにしましょう。

スポンサーリンク