口内炎 真ん中 へこむ 原因

真ん中がへこむクレーター状のアフタ性口内炎の原因と対処法

スポンサーリンク

美味しい食事を楽しんでいる時に、口の中を噛み強烈な痛みを感じたことは誰しも一度はあるはずです。
その後噛んだ場所が白い口内炎になった方も多いのではないでしょうか。
その口内炎はアフタ性口内炎と言います。
アフタ性口内炎は、腔内粘膜にできる5〜6センチメートル以下の潰瘍です。
白色や黄色みのある白色であるほか、真ん中がへこむクレーターのような形をしています。
口腔内であれば場所を問わず頬の内側や舌、歯茎に発症するほか、複数のアフタ性口内炎が1つに合併することもあります。
また、噛んだ覚えがないのに真ん中がへこむアフタ性口内炎が発症することもあり、ストレスや疲労、体力低下、免疫力低下、口腔内の不衛生が発症原因と考えられています。
口腔内に痛みを感じた場合には、真ん中がへこむクレーター状かをまずは確認し、その後生活習慣を見直すことをおすすめします。
また、治癒の経過を見守る必要もあります。
一般的に1〜2週間で完治しますが、中には病気が原因で3週間以上経過しても治癒しない場合もあります。
頻繁に再発する場合にも病気が原因である恐れがあるため、病院を受診する必要があります。

スポンサーリンク

アフタ性口内炎を発症した場合には、3つのポイントに気を付けることが重要です。
再発予防になるほか、治癒期間を短縮させることにつながります。
1つ目のポイントが、常に口腔内を清潔に保つことです。
細菌の繁殖が最も大きな発症原因となるため、うがい薬やマウスウォッシュで1日数回うがいをするようにしましょう。
歯磨きだけをしても、喉の奥の細菌は殺菌できません。
必ず1日数回のうがいをするように心がけることをおすすめします。
2つ目のポイントが、口腔内を乾燥させないことです。
唾液量が少なく口腔内が乾燥すると、細菌を増殖させてしまいます。
早食いやアルコールの過剰摂取、口呼吸は乾燥を招きます。
常に十分な唾液量を維持し、細菌を増殖させないことが重要です。
3つ目のポイントが、生活習慣を見直すことです。
ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足は口腔トラブルの原因となります。
口腔内を噛んでもいないのに頻繁に発症する場合には、生活習慣が原因と考えられます。
他の病気を引き起こしてしまう前に、規則正しい生活習慣にする必要があります。

スポンサーリンク