口内炎 ビタミン剤 おすすめ

口内炎におすすめのビタミン剤とは

スポンサーリンク

痛くて気になる口内炎ですが、おそらくほとんどの人ができた経験があると思います。
美味しく食事ができない口内炎に効果的なおすすめのビタミン剤について説明します。

 

 

【口内炎になる原因】
口内炎は、口の中や舌にできる炎症のことを指します。
主に、頬の内側や広い範囲で発症する炎症であり、その多くが痛みを伴う為、食事の際にはとても不愉快に感じてしまう症状を伴いますので、早い処置が必要になります。
その原因は、ビタミンB群をはじめとした、ビタミン類の不足によって発症すると言われています。
つまり、乱れた食生活を見直し、きちんとビタミン類を摂取することで、予防することができるのです。

 

 

【口内炎になりやすい人とは】
まず、栄養のバランスが偏っている人に多く、ビタミン不足は特に要注意です。
口の中、舌は粘膜ですので、粘膜を保護する役割を担うビタミンB2等、不足することで発症してしまいます。
また、口の中を噛んでしまう、強い力で歯磨きしてしまう人も傷ができて、菌が増殖することで原因になります。
あるいは、睡眠不足やストレスを受けることで、免疫力が落ち、偏った食生活によるビタミンB群不足も加わって、新陳代謝が上手にできなくなり発症することがありますので、生活サイクルの見直しが必要になります。

 

スポンサーリンク

【口内炎になってしまったら】
まずは口の中を清潔に保つことが必須です。
毎食後に歯磨きをして、菌の繁殖を抑えるようにしましょう。
ただし、口の中を傷付けないように、優しく磨くようにしましょう。
また、口が乾燥すると、菌が繁殖しやすくなる為、それを防ぐ為にもこまめな水分補給が必要です。
発症している間は、刺激物、アルコール、熱すぎる、冷たすぎるものは控えましょう。
今では便利なビタミン剤がありますので、早期改善の為に、ビタミンの摂取を心がけてください。
では、おすすめのビタミン剤を紹介します。

 

 

【おすすめのビタミン剤】
口内炎はビタミンB群が不足することで引き起こされますので、やはりおすすめのビタミン剤は、ビタミンB2になります。
その他のおすすめのビタミン剤としては、ビタミンB6、美肌ケアに欠かせないビタミンCも、口内炎に効果がありますのでおすすめのビタミン剤です。
また、病気やストレスから守る為の働きもありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

 

 

口内炎におすすめのビタミン剤は、ビタミンB2とB6、そしてビタミンCとなります。
日頃から予防の為に、食事と併せてサプリメント等を利用してビタミン剤を摂るようにしましょう。

スポンサーリンク