口内炎 原因 お酒 アルコール 影響

原因はお酒などのアルコール!どう影響する大人の口内炎

スポンサーリンク

口内炎の原因は、はっきりとはわかっていませんが、たとえば、身体が疲れていたり、ストレスを抱えているとなり易いとか、食生活も重要です。
野菜の摂取量が少なく、辛いものや熱い食べ物を好む方は、口腔内に影響を受けやすく、お酒などのアルコールを毎晩好んで飲むという方にも多くみられる症状です。

 

 

【お酒などのアルコールが原因?】
虫歯があったり、口の中を噛んでしまうことが影響して口内炎になるのが一般的に知られていますが、なぜ、お酒などを飲むことが口内炎の原因になるのでしょう。
アルコールが体内に入ると、それを分泌するために身体の水分が奪われていきます。
当然、唾液の分泌量が減少する影響を受けて、口腔内も乾燥してしまい殺菌が増殖すると考えられています。

 

 

【口内炎の症状】
アルコールの摂取量が多くなると、ビタミンBなども壊れやすくなります。
これらは胃腸炎などの原因にもなりますので、胃もたれや胃潰瘍なども発症しやすいとも言われています。
またお酒などのアルコール成分が体内に入ることで、白血球の一つである「顆粒球」が増えてしまい、もともと体内にある常在菌と混ざることで化膿性疾患の原因と考えられています。
傷などができるとその組織に対して攻撃をしますので、特に口腔内の柔らかい皮膚粘膜は影響を受けて、口内炎になりやすいようです。

 

スポンサーリンク

【大人の口内炎、その対処法】
まずは、口の中を乾燥させないためにもアルコールの摂取量を抑えましょう。
お酒はほどほどに、同時に水分も飲むことで身体の水分量が保たれます。
また、お酒を飲んでも寝る前にはしっかりと歯磨きをしましょう。
口腔内をきれいにすることで殺菌が増えるのを抑えてくれます。

 

 

【アルコールの影響でできてしまった口内炎の治療法】
お酒の飲みすぎが原因の場合には、胃腸なども荒れていることも考えられますのでまずは粘膜などに影響を受けない食生活を心がけましょう。
口内炎に直接貼るタイプは炎症を抑えられます。
また、疲れていることが原因の場合には、ビタミン剤を服用するといいでしょう。
完治するまでは、放置せずに毎食後の歯磨きと口腔内を洗浄するデンタルリンスなどでうがいをしましょう。

 

 

大人の口内炎は、ストレスや飲酒など色々な要因で影響を受けると考えられています。
短期間で治そうとせずに、生活習慣を見直してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク