口内炎と癌の違いの見分け方

口内炎と癌の違いの見分け方

スポンサーリンク

 

単なる口内炎と思っていても、それが癌である可能性もあります。
では、単なる口内炎と癌はどのような違いがあるのでしょうか?その違いと、見分け方をご紹介します。

 

 

【違いを見分けよう】

 

日本においては年間6000人もの人々が口腔癌にかかっているといわれています。
その時の約半数が死に至っているデータもあります。
そのため口腔癌である可能性が疑われる場合は早急に医師による診察を受けることが不可欠でしょう。
口腔癌は、ほとんどの場合、目に見える部位にできます。
そのため、自分で認識することがしやすい癌と言えますが、口内炎と間違いやすいので注意が必要です。
初期の症状としては食事中のものを噛む場合に痛みや違和感があるというところから始まります。
口内炎とのわかりやすい違いとしては口腔内の粘膜が白くなるかどうかということです。

 

スポンサーリンク

 

【注意すべき違い】

 

口内炎との違いを見分ける方法としては他に硬いしこりができるかどうかっていう点も挙げられます。
もしもしこりが軟らかければ単なる口内炎であると言えますが、しこりが硬い場合は癌である可能性が高いと言えます。
この見分け方によって正しい判断ができるでしょう。
また、このような見分け方の他にも徐々に痛みが増してくる場合なども注意が必要です。
ですから、痛みが続くかどうか、徐々に良くなっていくのかという点も重要な見分け方です。
また、口腔癌の原因として禁煙と飲酒が多く挙げられています。
また、普段から口の中を衛生的に保てていない場合もリスクが高まります。
口内炎かとかを様々な見分け方でチェックすると同時に、もしも、口内炎が頻繁に発生するようならこうした原因に回答していないか、もう一度、生活習慣を見直す必要があるでしょう。

 

 

【まとめ】

 

このように口内炎と癌の見分け方を知っておくと、たとえ重い病気であったとしても、迅速に対処することができます。
そのためこの見分け方の数々のポイントを気になる症状があった際には、一つずつチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク