口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?

口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?

スポンサーリンク

 

唇にできると痛みをともなううっとうしい口唇ヘルペス。
皮膚科を受診すると治療薬としてゲンタシンが処方されることがあります。
かぶれや小児アトピーの治療にも使われるゲンタシンですが、薬としてはどのような効果と副作用があるのでしょうか。
口唇ヘルペスの治療効果についてもまとめました。

 

 

【ゲンタシンってどんな薬?具体的な副作用】

 

 

ゲンタシンをはじめ、皮膚疾患には様々な薬が処方されています。
口唇ヘルペスの鎮静化にも有効であり、副作用を最小限に抑えることができるといわれています。
ゲンタシンは医薬品としての効果が非常に高い反面副作用のコントロールがきわめて難しいため、市販薬として販売されることは決してなく、医師の処方がなければ手に入れることができません。
副作用の強い薬ではありますが、症状に応じて正しく使用すれば、時間をかけず、なおかつ安全に口唇ヘルペスの痛みをやわらげることができます。
ゲンタシンは、ひどい発疹や刺激性皮膚炎などの皮膚疾患の治療にも効果があるとされており、症状が軽いうちに使用されるほど効果を充分に発揮すると言われています。
ゲンタシンおよび類似の成分を含有する市販の医薬品もドラッグストアで購入することができるので、病院へ行く時間がない場合は市販薬で様子を見るのもひとつの方法ではあります。

 

スポンサーリンク

 

【副作用の強い薬を使わずに!口唇ヘルペスの原因と対処方法】

 

 

口唇ヘルペスはおもに、ストレスが原因となって引き起こされる病気です。
普段は免疫機構によってヘルペスウイルスがおさえられていても、体調不良などで基礎的な免疫力が落ち込んだ状態では病気にかかりやすくなり、口唇ヘルペスができやすくなります。
したがって、ストレスの少ない生活習慣を心がけることで予防効果があるとされており、口唇ヘルペス以外の皮膚疾患のリスクを下げる効果もあると言われています。
薬の服用と違い、ストレスを減らすだけであれば副作用がまったくありませんし、なおかつ体質改善にもつながるためより効果的と言えるでしょう。

 

 

口唇ヘルペスは皮膚疾患の一種であり、治療においてはゲンタシンが効果的だとされています。
ただし、副作用がどうしても気になるという方は予防的なアプローチも有効であり、たとえばストレスのない生活を心がけるだけでも発症のリスクを劇的に下げることができます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?
ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間
口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?