口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用

口唇ヘルペスに抗生物質は効く?フロモックスの効果と副作用

スポンサーリンク

 

口唇ヘルペスの治療薬としては通常、ゲンタシンなどの塗り薬がメインとなります。
塗り薬ももちろん一定の治療効果がありますが、重症の口唇ヘルペスを完治させるには抗生物質の入ったフロモックスなどの飲み薬がより効果的だとされています。
フロモックスの薬学的な作用機序と副作用についてまとめました。

 

 

【そもそも口唇ヘルペスって何?おもな抗生物質とその副作用は?】

 

 

ヘルペスは感染症の一種であり、おもにキスやセックスなどでうつることから性感染症としても分類されます。
痛みをともなう水疱が皮膚にできるのが特徴であり、これが唇にできたものが口唇ヘルペスです。
おもな感染経路はキスで空気感染はせず、潜伏期間が非常に長いという特性があります。
そのため、健康な時には無症状に見えてもそれは免疫システムによってウィルスがおさえられているだけで、軽い風邪などで少しでも免疫力が低下すれば一気にウィルスが活性化し、口唇ヘルペスとして表面化します。
自然に治ることもありますが、進行すると唇意外の箇所にもヘルペスが広がる恐れがあるため、治療においては効果が高く副作用の少ないフロモックスなどの抗生物質が処方されています。

 

スポンサーリンク

 

【フロモックスって本当に安全?効果と副作用のバランス】

 

 

口唇ヘルペスのような皮膚疾患の治療では、まず、原因となるウィルスを早い段階で死滅させることがポイントとなります。
その意味でフロモックスは抗生物質として非常にすぐれた飲み薬であり、なおかつ副作用を最小限に抑えられるということで臨床現場では重宝されています。
現時点で報告されているフロモックスの副作用としては、軽い皮膚のただれ、便秘、口渇、アナフィラキシーショックなどです。
アナフィラキシーショックは時として死に至る危険性のある重篤な副作用ですが、フロモックスの場合アナフィラキシーショックが表れるのは非常に稀であり、専門医による厳格なコントロールのもとで正しく服用すれば良い効果だけを期待できると言われています。
薬の効果をより高めるために、ストレスのない生活を心がけることも重要です。

 

 

口唇ヘルペスはウィルスによって引き起こされる皮膚疾患のため、抗生物質の含まれたフロモックスなどの飲み薬を服用し、効果的にウィルスを死滅させるのがおもなアプローチとされています。
フロモックスは抗生物質のなかでも副作用の弱い薬であり、皮膚疾患の治療には一般的な抗生物質とされています。

 

スポンサーリンク

関連ページ

口唇ヘルペスにゲンタシンが効く?その効果と副作用は?
口唇ヘルペスのかさぶたがふやける!症状を悪化させない対処方法
口唇ヘルペスでかさぶたがはがれて血が出る!家庭でできる対処方法
口唇ヘルペスにワセリンは効果ある?副作用についても解説
口唇ヘルペスでできた水ぶくれは潰すべき?それとも潰さない?
絆創膏で口唇ヘルペスが悪化?正しい処置方法を解説
はちみつで口唇ヘルペスが治る?その驚きの効果とは
口唇ヘルペスが顔に広がる?原因と対処方法
二次感染にも注意!口唇ヘルペスが完治するまでの期間は?
口唇ヘルペスはできる場所によって特徴が違う?
口唇ヘルペスが唇内側にできる原因と再発防止のための対処方法
口唇ヘルペスが原因でだるい!症状別の対処方法
口唇ヘルペスでリンパ腫れが見られる原因と他の症状との関係
マスクで口唇ヘルペスが悪化?おもな原因を解説
口唇ヘルペスの治ったサインは?どうなればうつらない状態?
ヘルペスと口角炎の違いは?簡単な見分け方と予防法を解説
口唇ヘルペスで膿が出た!悪化させないための対処方法
口唇ヘルペスでできたかさぶたは乾燥させる?それともさせない?
口唇ヘルペスの腫れは冷やすほうが効果的?
口唇ヘルペスのせいでリンパが痛い時の正しい対処方法
口唇ヘルペスで水ぶくれができる原因とできないようにする対処法
治りかけの口唇ヘルペス!かゆみを抑える方法は?
悪化した口唇ヘルペスに点滴治療は有効?
口唇ヘルペスの応急処置で絶対にやってはいけないことは?
口唇ヘルペスで顎にしこりが!おもな原因と対処法
口唇ヘルペスは本当にうつる?その確率と注意すべき期間
口唇ヘルペスのかさぶたから出血!自分でできる対処方法
口唇ヘルペスで病院に行くなら何科を受診すべき?治療費用は?
口唇ヘルペスは温泉やお風呂でもうつる?感染をふせぐ入り方は?